夫は基本、いい人であるということが前提ではありますが・・・まず、モノが片付けられません。考えてみれば、結婚前に訪れた義実家も、モノがあふれておりました。でも彼の部屋の中はわりと片付いていたので、気付くことができませんでした。タンスから服をひっぱりだしたとき、下に重ねてあった服が雪崩のようになっても直さずに、そのままです。いつも私が直してしましたが、いつか気付かせないといけないと思いそのままにしておくと、永遠にそのままです。結婚以来16年、自分で古くなった服や下着を捨てているのを見たことがありません。タンスはいつもパンパン。捨てていいかきくと捨てるなと言うので、こっそり間引きをして捨てています。そんな調子で、モノの管理ができないのに、モノは持ちたがり、いらない材木などを拾ってきては庭に貯めていき、シロアリの巣と化したころに私が捨てています。庭のスペースを考えずにどこからでも植木を株分けしてもらってきては植えまくり、大きく育って邪魔になってから、私が汗だくで切り倒します。
そしてもう一つ、最大の悩みとも言える点が、食事のときに口を開けて噛んで、音をたてることです。これもまた、結婚前にはわからなったことでした。付き合っているときも、新婚時代も、彼は確かに口を閉めて普通に食べていたのです。しかし、ここ数年、ものすごい音をたてて食べるようになり、何度注意しても、お願いしても、指摘しても、3秒後にはまた口を開けて食べます。どうやら、小さいころから家族がみな口を開けて噛んでいて、疑問も違和感もなく育ち、付き合っていたころは意識をして気をつけていたようです。それならそのままでいてくれればよいのに、中年になって緊張がもたなくなったのか、元に戻ってしまったようです。食事は一生ともにすることですから、正直とても苦痛です。どんなに嫌かを伝えても、本人に直す意思がないので変わりません。
いずれも、結婚前にもっと観察していれば・・・と言われるかもしれませんが、結婚前にはわからなかったことで、騙されたような気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です